2019年06月28日

ありがとうございました。

1559633119124.jpg 『大本史料集成』の「Ⅰ思想篇」(三一書房・1982年6月)に収められた大本神諭の書き写しを始めたのは、石渡信一郎さんの古代史を書き写してからの事でした。私はその前に「私は大本の「神舞台」の事が判った」と偉そうに書いてしまったので、今はもう無い「京都府立総合資料館」で、この三一書房発刊の『大本史料集成』に出会ってしまいました。

 私はすぐに「やっぱり来たか」と思ったのです。子供の頃から私は、こんな風な「出会い」には割りと腹が出来ているのです。でも、やはり不安はありました。私は、他の人の事は分からないのですが、おそらく人はこんな時、たいがい下調べをして自信がついた頃に書き始めるのだとおもいます。しかし私は、そんな事はした事が無いのです。自信とか、勉強だとか、そんな風な事は邪魔くさいのでしないのです。遠くに行くにもそうで、ちゃんとした調べはしません。何故か、邪魔くさいと言えばそうなのですが、苦にもなりません。

 ですが、「やっぱり来たか」とはおもうのです。そして、まったく大胆と言えばそうで、大胆な行動を取るのがいつもの私です。私は、自分の大本神諭への仮説、それが正しいかどうか、いや「正しい事の証明」と言った方が文字通り正しいのですが、それをやろうと、あまり考えもせずにやってしまったのです。



 さて、最初から私解の大本神諭を一緒に読んで戴いた人もおられるとおもいます。私はわたしの大本神諭を書いて来ましたが、皆さんはそれぞれの大本神諭を生きてください。長い時間を共にさせて戴いた事を感謝致します。大胆な行動の男ですが、やはり、読んで戴いてる人が居ないと「邪魔くさがり」が出ていたとおもいます。本当にありがとうございました。

 しばらく休みまして、次を考えようとおもいます。考えが浮かばなかったら、その時(9月頃)にはまた報告をします。
posted by 無来 龍 at 09:00| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日から文字が大きく成りました。息子に過日、サイトに入ってもらって、やっと反映されたようです。

これも何かの「示し」です。ありがとうございます。


Posted by 龍 at 2019年06月28日 09:21
龍さん、ご無沙汰しております。私も色々ありましたが、折を見て読んでおりました。大仕事ご苦労様でした、まずはゆっくりお休みくださいね。
Posted by 高良 at 2019年07月04日 22:24
ごぶさたでした。

はい、また少し休んでみます。次に何が出来るか考えてみます。私はこうして考えてきたんだと、振り返る事が出来ます。一人の力じゃとか、何になるとかおもう前に、心が動く事をまたさがすんだとおもいます。

高良さんも探し続けてください。コメントありがとうございました。 
Posted by 龍 at 2019年07月05日 08:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください